本文へ移動

第34回県理学療法士学会

(重要)第 34 回鹿児島県理学療法士学会日程変更のお知らせ (2021/2/15掲載)

 

(重要)第 34 回鹿児島県理学療法士学会日程変更のお知らせ 

                                 学会長 榎畑 純二 
 

平素からお世話になっております。ご存知の事と思いますが、大隅地区の病院・施設に新型コロナウィルス感染症によるクラスターが発生いたしました。現在、学会当日の本部運営ができない状況が予測されます。

そのため、令和3221日(日)開催予定でした鹿児島県理学療法士学会は、令和3314日(日)に延期することが決定いたしました。会員の皆様には、大変ご迷惑をおかけしますが、

ご理解の程を何卒宜しくお願いいたします。

 

 

 変更事項
 

学会開催日

 

 令和3314日(日)

 

 学会申し込み締め切り日変更

 

    1)会員  371800までに延期

 

    2)非会員・学生 2281800までに延期

 

すでに申込みをされた会員の皆様は、再度申し込む必要はありません。

 

 

 

◆学会案内◆

第34回鹿児島県理学療法士学会のご案内
学会長   榎畑 純二  
 
会員の皆様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。
今年度、第34回鹿児島県理学療法士学会を大隅地区で開催することとなりました。恒心会おぐら病院 永濱良太 先生を準備委員長とし、大隅地区会員が中心となり、準備委員一同、開催準備を進めております。
学会の詳細につきましては、県協会ニュースや県協会ホームページにて随時ご案内させていただきます。また、演題募集は8月20日より開始いたします。応募演題に関する倫理と利益相反に関する注意点を熟読していただき、多数の会員の皆様に応募して頂ければ幸いです。
今回の学会は、新型コロナウィルス感染症の影響により、多くの制約がある中での開催となります。当日は、万全の感染対策に努めてまいります。本会が実りある会になりますように、多くの会員の皆様の参加を心よりお待ちしております。
 
                      記
開催日:令和3年 2月21日(日)
会 場:鹿屋市文化会館
学会長:榎畑 純二

 

 

お問い合わせ先
第34回鹿児島県理学療法士学会
準備委員長 永濱 良太
(社会医療法人恒心会 恒心会おぐら病院)
E-mail: kkpta34gakkai@gmail.com
TEL(リハ室直通):0994-43-6261
FAX(リハ室直通):0994-31-1288

 
 

【第34回鹿児島県理学療法士学会プログラム】


◆学会プログラム

 

221日(日)

9:309:40   開会式

        学会長開会宣言  学会長   榎畑 純二

        公益財団法人 鹿児島県理学療法士協会会長 挨拶 梅本 昭英

 

9:4510:50   一般演題

・セッションWEB発表 

 

10:5512:00  一般演題

 ・セッションWEB発表

 

12:051250  ランチョンセミナー

        テーマ:変形性膝関節症における痛みの評価 

〜保存療法から術後後療法まで〜

      講師:田中 創 先生(福岡整形外科病院)

      司会:永濱 良太 準備委員長(社会医療法人恒心会 恒心会おぐら病院)

 

 13:0014:10  特別講演

テーマ「地域特性を踏まえた健康づくり・介護予防の実践」

講師:中垣内 真樹 先生(国立財団法人鹿屋体育大学)

司会:榎畑 純二 学会長(社会医療法人恒心会 恒心会おぐら病院)

 

14:1515:20   一般演題

・セッションWEB発表

・セッションWEB発表

 

15:3015:40  閉会式

        閉会宣言  学会準備委員長  永濵 良太

 

 

 

 

 

 

 

今年度の鹿児島県理学療法士学会は、新型コロナウイルス感染の拡大予防のため、全面オンラインで開催いたします。詳細が決まり次第案内いたします。

参加申込注意事項

(2021-01-26 ・ 90KB)

NEW

演題募集

演題募集

(2019-08-02 ・ 207KB)

演題応募期間は、令和2年8月20日から令和2年10月10日(土)14:00までとしておりましたが、募集期間を延長し10月24日(土)14:00.まで変更いたします。
たくさんのご応募お待ちしております。
  


──────────────
公益社団法人

鹿児島県理学療法士協会

鹿児島県鹿児島市鴨池1丁目48-25
TEL.099-203-0860
FAX.099-203-0865

1.公益事業

2.その他の事業(相互扶助事業)
──────────────
 

1
7
0
6
1
6
TOPへ戻る