地域包括ケアシステム

地域包括ケアシステムに関する推進リーダー制度について

H26年度より日本理学療法士協会(協会)では、『地域包括ケアシステム』を推進するにあたって、「地域ケア会議」、「介護予防」の2つの施策に重点を置き、地域包括ケアシステムに関わることのできる人材の育成を始めています。
そのための育成制度として、【地域包括ケア推進リーダー】、【介護予防推進リーダー】の2つの資格コースを設定しています。
制度や登録方法等の詳細はこちらです。
推進リーダーを目指す方は必ずご確認をお願いします。 

 

 

 

推進リーダー制度に関するよくあるQ&A
Q1:「士会指定事業」にはどのようなものがありますか?
A:鹿児島県理学療法士協会の士会指定事業は以下の通りです。
 
<過去1年以内の参加または役員歴等で認められるもの>
1.転倒骨折予防教室の講師
2.二次予防事業の講師
3.機能訓練事業の講師
4.介護教室の講師
5.介護教室の運営
6.市民健康まつりの運営
7.介護ふれあいのつどいの運営
8.介護予防キャンペーンの運営
9.訪問リハビリテーション実務者研修会の受講者
10.介護・障害認定審査会委員
11.地域在宅医療推進連絡協議会委員
12.介護予防事業検討会委員
13.地域包括ケアシステム推進委員会委員
14.地域包括実務担当者
15.鹿児島県理学療法士協会役員(理事、監事、部長、委員長、運営委員)
16.その他、上記1〜15の指定事業以外で地域包括システム推進委員会が認めた事業
 

Q2:eラーニング受講免除はどのように申請すれば良いのでしょうか?
A:士会指定事業に参加経験があり、かつ鹿児島県理学療法士協会からの推薦を受けた会員はeラーニング受講が免除されます。eラーニング受講免除のための士会推薦証明書の発行を希望する会員は、所定の申請書(士会推薦申請書)に必要事項を記載して、鹿児島県理学療法士協会事務局へ✉で送信または郵送してください。
・地域包括ケア推進リーダー用の士会推薦申請書については、下記のwordファイルをダウンロードしてください。
・介護予防推進リーダー用の士会推薦申請書はについては、下記のwordファイルをダウンロードしてください。

※メールでの送信も可能ですが、なるべくPDFに変換保存したファイルを添付して鹿児島県理学療法士協会事務局(下記メールアドレス参照)へ送信してください。
 
推薦の可否は文書にて通知します。推薦証明書を受領した場合は、協会へeラーニング受講免除の申請手続きをしてください。
協会への免除申請手続きはこちら 

Q3:士会指定事業の登録申請はどのようにすれば良いのでしょうか?
A
:士会指定事業(過去1年以内)に参加等の実績がある方は、所定の申請書(士会指定事業登録申請書)に必要事項を記載して鹿児島県理学療法士協会事務所へ郵送してください。
・士会指定事業登録申請書については、下記のwordファイルをダウンロードしてください。
※メールでの送信も可能ですが、なるべくPDFに変換保存したファイルを添付して鹿児島県理学療法士協会事務局(下記メールアドレス参照)へ送信してください。

その他のQ&Aはこちら


★免除申請の処理については、提出月1か月分をまとめて、地域包括システム推進委員で審査し、翌月月初めにメールにて審査結果をお返しします。
指定事業申請書類については、地域包括システム推進委員会で認められない場合のみ、連絡を差し上げます。
(指定事業については
県士会から協会への必要手続きを年度末に一括して行うため、マイページへの反映はそれ以降になりますのでご了承ください。)

 不明な点がありましたら、合わせて下記の連絡先までお問い合わせください。


送付先:

〒890-0063 鹿児島市鴨池1丁目48番25号

公益社団法人鹿児島県理学療法士協会 宛
TEL099-203-0860 FAX099-203-0865
E‐mail:infokpta(a)po.minc.ne.jp

迷惑メール防止のため、(a)を@に置き換えて送信してください。


 


──────────────
公益社団法人

鹿児島県理学療法士協会

鹿児島県鹿児島市鴨池1丁目48-25
TEL.099-203-0860
FAX.099-203-0865

1.公益事業

2.その他の事業(相互扶助事業)
──────────────
 

0
6
4
5
3
8